城郭からみた豊臣秀吉の権力 ~秀吉の城と城郭政策~ 著作・武井政弘

はじめに

豊臣秀吉(とよとみ-ひでよし)は、尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされ、当初、今川家に仕えた。後に織田信長に仕官し、織田家では小者から重臣へと出世していった。信長が本能寺で明智光秀に討たれると、山崎の戦いで光秀を破り、織田家内部の勢力争いにも勝利して、信長の後継の地位を確立した。秀吉は全国統一を成し遂げるにあたり、信長の権力基盤や政策を引き継ぎながらも、秀吉独自の政策も展開した。城郭に関する政策もその一つである。
“城郭からみた豊臣秀吉の権力 ~秀吉の城と城郭政策~ 著作・武井政弘” の続きを読む